【2024年2月】値上がり傾向?業務スーパーの最新価格動向11選

本ページはプロモーションが含まれています。

食べ物から日用品まで、さまざまなアイテムが激安で販売されている庶民の味方「業務スーパー」。

ただ、そんな業務スーパーにも値上がりの波が押し寄せています。

最近は、価格が変わっていないとむしろ「おっ」と思うほど、どれもこれもが値上がり傾向にある気がします。

そこでここでは、業務スーパーで気になったアイテム11個の、2024年2月現在の販売価格と最近の価格動向を紹介します。

業務スーパーとは?

業務スーパーのロゴ
[出典]業務スーパー公式HP

「毎日がお買得」がコンセプトの、神戸物産運営の「業務スーパー」。

特徴は、スケールメリットや製販一体体制を生かし、プロ品質の商品をリーズナブルな価格で提供し続けているところにあります。

開けたその店舗は、業務用として近隣の店舗だけでなく、多くの消費者の日々の生活も支えています。

我が家も随分お世話になっているファンです。

 2024年2月価格調査結果

業務スーパーで販売されている11アイテムの2024年2月現在の価格や、最近の価格動向を以下にまとめました。

ただ、店舗やタイミングによって、取り扱い商品・価格とも変動可能性がある点にはご注意ください。

なお、2023年3&4月度については”1000店舗達成セール”を実施。

業務スーパーの1000店舗達成セール第2弾のお知らせ
[出典]業務スーパー公式HP

2023年5月以降は通常営業が続いていましたが、9&10月は2か月にわたって”総力祭”を開催!

業務スーパー総力祭が2023年10月1日~31日に実施されることを知らせるスクリーンショット
[出典]業務スーパー公式HP

ただ、2023年11月以降はいつもの業務スーパーに戻っています。

それでもお得感はありますが、やや落ち着いた雰囲気が続いています。

ピザ用チーズ

とろけるナチュラルチーズの写真

業務スーパーで販売されているさまざまなチーズの中でもお得感抜群なのが、「ナチュラルチーズ 1kg」です。

製造者:デイリー・プロダクツ・ソリューション株式会社・製造所:神奈川県横浜市という、国産のいわゆる”ピザ用チーズ”です。

ただこれ、2022年春頃から、激しく価格が上下しています。

2022年6月頃までは税抜き678円でしたが、現在の販売価格は税抜き1,100円と過去最高値!

2022年12月の業務スーパーのチーズ売り場の写真

一方で、以前税抜き1,100円になった2ヶ月後に、税抜き980円に値下がったことがあります。

今が買い時とは思いたくないと私自身買うタイミングをうかがっていたのですが、実は税抜き1,100円がすでに1年以上続いています。

残念ながらこれ以上下がる見込みは、限りなく低いのかもしれません。

 

また、その隣では400gのお手軽サイズのブレンドチーズ税抜き480円が販売されていることが多いです。

2023年5月の業務スーパーチーズ売り場の写真

1kg換算で税抜き1,200円と「ナチュラルチーズ 1kg」の税抜き1,100円とそれほろ大きな差はありません。

チーズの使用量が多くない人は、こちらがおすすめです。

ただ、2023年12月度については税抜き458円のセール価格で販売されていました。

2023年12月度の業務スーパーのチーズ売り場の写真

ナチュラルチーズと違い、こちらのブレンドチーズはセール対象になることが結構あります。

家にチーズのストックがある場合、今月の購入はあまりおすすめできません。

 

さらに、2023年8月以降、一部植物油脂をブレンドしたタイプの「とろけるチーズブレンド 1kg」をよく見かけます。

2023年9月度の業務スーパーのチーズ売り場の写真

通常価格税抜き998円と、「ナチュラルチーズ 1kg」税抜き1,100円とそこまでの差はないものの、少々安く済みます。

完全なるチーズではない分少しカロリーも低めなので、コスパ&ヘルシーさを求める人にはブレンドタイプがおすすめです。

なお、こちらも2023年10月は税抜き988円の特売価格で買えたものの、今月は通常価格に戻っている点にはご注意ください。

2023年10月度の業務スーパーのチーズ売り場の写真'

》ピザ用チーズの最安値調査結果はこちらから。

業スーの「ナチュラルチーズ」がまた値上げ?!今最安値はどこ?
庶民の味方「業務スーパー」のチーズにも値上がりの波が押し寄せています。そこで、2023年11月現在、ピザ用チーズを一番安く買える場所を調査しました。

スライスチーズ

業務スーパーで販売されているコスパ抜群のスライスチーズといえば、ムラカワが手掛けるジャコヴィア(JUCOVIA)です。

ラインナップは、以下の業務用スライスチーズ4種類。

  • チェダースライスチーズ(20枚・300g)
  • スライスチーズ(15g×15枚)
  • とろけるスライスチーズ(15g×15枚)
  • モッツァレラスライスチーズ(12枚・180g)

最近は、チェダーチーズ税抜き418円・そのほかのスライスチーズは税抜き278円で販売されています。

業務スーパーのスライスチーズ売り場の写真

毎月どれか1つか2つ安くなるのが定番でしたが、1月に続き2月も値下がり対象はゼロ。

すべて最近の定番価格で販売されています。

 

ちなみに、2023年9月についてはスライスチーズととろけるスライスチーズがセール対象で、税抜き268円に。

2023年9月度の業務スーパースライスチーズ売り場の写真

10月は、チェダーチーズ税抜き408円・モッツァレラスライスチーズ税抜き268円と、10円ずつ値下がっていました。

2023年10月度のスライスチーズ売り場の写真

11月は値下がりゼロで、12月はモッツァレラチーズのみ税抜き268円でした。

2023年12月度の業務スーパーのスライスチーズ売り場の写真

となると、来月あたりどれかしらセールになってくれそうな気もするので、家に在庫がある場合、来月まで待ってみるのがおすすめです。

 

ただ、2022年の秋頃までは、ジャコヴィアシリーズのチーズはチェダー税抜き286円、そのほかは税抜き228円で購入できました。

この価格を踏まえると、最近のスライスチーズはかなり高く見えるものの、この先値下がる見込みないのが悲しいところです。

》スライスタイプのチェダーチーズ最安値調査結果はこちらから。

業務スーパーのチェダーチーズがまた値上げ?!今どこで買うと安い?
業スーのスライスチーズにも値上がりの波が押し寄せています。そこで、2023年11月チェダー味のスライスチーズを最安で買えるスポットを調査しました。

バター

業務スーパーではさまざまなメーカー・サイズのバターが販売されています。

そして、その中でもお得感抜群なのが、「ミルクを食べる香り立つ乳菌バター 450g」です。

製造者マリンフードの有塩タイプのバターは、2023年8月まで税抜き798円でしたが、9月に税抜き925円に値上がりました。

業務スーパーのバター売り場の写真

2023年9月の業務スーパーバター売り場の写真

2024年2月現在までこの価格はキープされてはいるものの、この先いつ値上がってもおかしくないのが悲しいところです。

 

また、無塩タイプについては森永乳業の「無塩バター 450g」が有塩タイプより少し安い税抜き780円で買えましたが、最近は店頭で見かけず。

2023年4月以降、店頭で確認できている無塩バター最安値は、「グラスフェッドボンドバター 無塩(NZ産) 454g」税抜き980円です。

2023年9月の業務スーパーのバター売り場の写真

》バターの最安値調査結果はこちらから。

【2024年2月】バターを安く買いたい!最安値はどこ?業スー?イオン?
さまざまなスーパーのバターの販売価格が、最近また上がっています。そこで、2024年2月現在、バターを一番安く買える場所を有塩・無塩別で調べてみました。

パスタ

お得な麺類が数多く販売されている業務スーパー。

そんな中、店内の一角を牛耳っていることが多いのが、「DONNA CHIARA」のスパゲッティとマカロニの数々です。

DONNA CHIARA(スパゲッティ1.4mm)500gの写真

イタリア産・神戸物産の輸入品で、容量500gの太さや形違いのパスタが並びます。

スパゲッティは太さ1.4mmと1.6mmはほぼありますが、1.9mmや1.2mmはたまにしか見かけないレア品です。

そんな業務スーパー定番の「DONNA CHIARA」のスパゲッティの販売価格は、半年ほど税抜き128円が続いていました。

業務スーパーのスパゲッティ売り場の写真

そんな中、2023年2月中旬に税抜き118円に変更されているのを発見!

業務スーパーのスパゲッティ売り場の写真

可能な限り価格を下げてくれているのがヒシヒシと伝わり、思わず感動です。

2024年2月現在も価格の変更はなく、税抜き118円がキープされています。

一方で、2023年9&10月については1.4mm・1.6mmとも久々の2桁、税抜き99円のセール価格で販売されていました。

2023年9月の業務スーパースパゲッティ売り場の写真

少し前までは税抜き87円で買えることが多かったのことを思うとまだ少々高い感は否めませんが、最近の定番価格に対して約16%引き!

9&10月のお得感を踏まえると、在庫がお家にある限り今月業務スーパーでスパゲッティを買うのはあまりおすすめできません。

また、最近は「Pasta REGGIA」のスパゲッティが並んでいることも増えています。

定番「DONNA CHIARA」と同じ税抜き118円で、原産国イタリア・輸入者神戸物産も同じです。

業務スーパーで購入したスパゲッティ(左DONNA CHIARAと右Pasta REGGIA)の写真

業務スーパーで購入したスパゲッティ(左DONNA CHIARAと右Pasta REGGIA)の詳細がわかる写真

ただ、多少の違いはあると思われるので、食べ比べしてみるのも楽しいかもしれません。

 

スパゲッティの隣で売られていることが多いマカロニについては、長らく税抜き138円をキープしています。

業務スーパーのマカロニ売り場の写真

2022年春頃までは税抜き97円で買えたことを踏まえると、4割ほどの値上がりです。

十分お得感はありますが、前の値段を知っているとちょっと悲しくもあります。

チルド麺

多くの業務スーパーで、6種類のチルド麺が販売されています。

うち以下5つ、

  • 1食うどん
  • 1食稲庭風うどん
  • 1食きしめん
  • 1食蕎麦
  • 1食焼きそば

の現在の販売価格は、税抜き25円です。

2023年8月度の業務スーパーのチルド麺売り場の写真

十分お得感はありますが、2022年夏頃までは税抜き20円で販売。

その後2022年夏頃に値上がり税抜き23円となり、その約1年後2023年夏にとうとうさらに2円値上がりました。

ちなみに、蕎麦についてはなぜか2023年春頃に一足先に税抜き25円になっていました。

業務スーパーのチルド麺売り場の写真

この細かい価格調整からも、業務スーパーがぎりぎりまで価格を下げようとしてくれていることを勝手に実感。

だからこそ、2円とは言えこの値上がりは、価格上昇の傾向が止まっていないことを痛感させられてしまう変化だったり。

一方で、1食生ラーメンは2022年には値上がりをまぬがれ、長らく税抜き30円で販売されていました。

業務スーパーのチルド麺の写真

ただ、2023年夏以降は税抜き32円に値上がりを遂げています。

世の値上がり傾向は、まだまだ止まる気配がありません。

》チルドうどん最安値調査結果はこちらから。

業スーのチルド麺が地味に値上がり!それでもお得感は健在?!
業務スーパーの便利なチルド麺が、2022年秋に少しだけ値上がりました。そこで、2023年2月現在、一番お得にチルド麺を買えるスポットを調査しました。

コンソメ顆粒

味の素のコンソメ顆粒の写真

定番の味の素の「コンソメ顆粒 50g」も、業務スーパーで販売されています。

しかも、ほかのスーパーに比べて販売価格は常に安め。

さすが業務スーパーと重宝していたのですが、ジリジリと値上がり最近は長らく税抜き110円での販売が続いています。

業務スーパーの味の素のコンソメ売り場の写真

ちなみに、先月2023年3&4月や12月についてはセール対象で税抜き98円でした。

2023年12月度の業務スーパーの味の素のコンソメ売り場の写真

賞味期限も長いので、ちょくちょくあるセールのタイミングでまとめ買いした方がお得です。

ただ、以前は通常の販売価格が税抜き95円だったことを思うと、セール価格でも実はあまり安いとは感じられなったり。

とはいえ、味の素自体が2022年10月などにコンソメ の値上げしているので致し方ないですね。

 

また、味の素のコンソメの隣で、中国産・神戸物産輸入者の「コンソメ(顆粒) 1kg」が税抜き948円で販売されていることが多いです。

味の素のコンソメ顆粒と水に対する使用量はほぼ同じで、グラム換算の価格は4割強という破格さが光る逸品です。

ただこちらも、2023年度末までは税抜き898円で販売されていたので、最近6%ほど値上がってしまいました。

業務スーパーのコンソメ売り場の写真

2023年10月については同じ中国産・神戸物産輸入者の容量小さめの300gタイプが税抜き298円と、通常の328円より30円もお得に買えました。

2023年9月度の業務スーパーのコンソメ売り場の写真

2023年10月度の業務スーパーのコンソメ売り場の写真

が、こちらもその後値上がりを遂げ、現在の販売価格は税抜き348円です。

2024年2月度の業務スーパーのコンソメ300gの店頭写真

とはいえ、味の素のコンソメの半額強。

コンソメの使用頻度によっては、300gタイプを選ぶのがおすすめです。

 

さらに、池田糖化工業の「コンソメ 300g」という選択肢もあります。

こちらの池田糖化工業のコンソメは、2023年9月&10月はセール対象で税抜き328円で買えましたが、現在は通常価格に戻っています。

2023年9&10月度の業務スーパーのコンソメ売り場の写真

2023年5月度の業務スーパーのコンソメ売り場の写真

さらにセール後、これまでの定番価格税抜き338円が、2023年12月に税抜き358円に値上がりました。

2024年2月度の業務スーパーのコンソメ売り場の写真

こうなると、他のメーカーのコンソメもこの先また値上がりそうなのが悲しいところです。

とはいえ、国産の池田糖化工業のコンソメも、グラム換算の価格は未だ味の素の半額強で使用量もほぼ同じ!

日持ちもするのでお得好きには未だしっかりおすすめできる選択肢ではあります。

きび砂糖

上野砂糖のベビー印のきび和糖の写真

業務スーパーでよく販売されているきび砂糖は、ベビー印の「きび和糖 1kg」です。

鹿児島や沖縄など、国産100%のサトウキビで作られた安心感抜群の国産きび砂糖です。

こちらは、2021年以降長らく税抜き378円がキープされていたのですが、とうとう値上ってしまいました。

業務スーパーのきび砂糖売り場の写真

2023年5月以降の販売価格は税抜き418円と1割の値上がりではあるものの、正直印象は結構違います。

2023年5月の業務スーパーのきび砂糖売り場の写真

そんな中、2023年10月頭に税抜き398円に値下がっているのを発見!

2023年10月度の業務スーパーのきび砂糖売り場の写真

セールの記載はないので、人知れず静かに値下げを実施してくれたようです。さすが業務スーパー!

と思いきや、これはほんの束の間のことで結局1週間足らずで再び元の税抜き418円に戻っていました。

2023年11月以降の販売価格は税抜き418円でしたが、2023年12月についてはしっかりセール対象の表示がありました!

2023年12月度の業務スーパーのきび砂糖売り場の写真

が、2024年2月現在は通常の税抜き418円の販売です。

ただどちらにしても、2023年4月には”1000店舗達成セール”セール対象で税抜き358円で買えたので、やはり高くなった印象は否めず。

業務スーパーのきび砂糖売り場の写真

とはいえ、世の中の動向を踏まえると、今後も値上がる方向にしかむかわないと予想されます。

賞味期限のない砂糖は、早めににまとめ買いしておいた方が賢いかもしれません。

》きび砂糖最安値調査結果はこちらから。

「きび砂糖」を安く買いたい!最安値は業務スーパーそれともドンキ?
ミネラル豊富で体にも優しい「きび砂糖」。そこでここでは、値上がり続きの2023年7月現在、きび砂糖1kgを最安で買えるスポットを調査しました。

氷砂糖

鳳氷糖株式会社のばら印クリスタル氷砂糖梅酒用の外観写真

多くの業務スーパーで販売されているのは、ばら印の「梅酒用クリスタル氷砂糖 1kg」です。

そして、その販売価格は2022年春頃に、税抜き298円が318円に値上げされました。

値上げ率7%ほどと控えめではあるものの、飴代わりによく食べる身としてはちょっとショック。

さらに、その後1年近くキープされていた税抜き318円でしたが、2023年3月に再び値上がりとうとう税抜き338円に!

業務スーパー2023年3月度の氷砂糖売り場の写真

なお、2023年6月以降は、これまで見たことがなかった「三光印 ロック氷砂糖 1kg」が税抜き388円で仲間入りしています。

2023年6月の業務スーパーの氷砂糖売り場の写真

氷砂糖にはクリスタルとロックの2種類があり、栄養素に違いはありません。

ただ、ロックのほうが溶けやすく梅酒などの漬け込み時間は短く済みます。

一方で、結晶化に時間がかかるロックタイプの方が値段は高くなるのが一般的です。

業務スーパーの氷砂糖はクリスタル・ロックタイプとも、他店で買うよりかなり安値です。

氷砂糖が欲しい時には、業務スーパーの利用おすすめです。

》氷砂糖の最安値調査結果はこちらから。

「氷砂糖」の最安値はどこ?!業務スーパー?ドン・キホーテ?西友?
賞味期限がなく、保存食にもぴったりな栄養満点の「氷砂糖」。値上がり続きの2023年10月現在、氷砂糖1kgを最安値で買えるスポットを調査してみました。

食器用洗剤

ロケット石鹸のフレッシュ600mlの写真

お得な日用品も数多く並ぶ業務スーパーでは、ロケット石鹸の台所用洗剤「フレッシュ 600ml」がよく販売されています。

ライムの香りとありますが、強い主張はなく使い勝手の良い食器用洗剤です。

そんなフレッシュの現在の販売価格は、税抜き68円となっています。

業務スーパーの食器用洗剤売り場の写真

十分安いと感じる価格設定ではあるものの、2022年初頭までは税抜き57円だったので少々の値上がりを遂げています。

また、一般的な食器用洗剤は1Lに対して0.75mlの使用が推奨されているのに対して、フレッシュの使用量の目安はその倍、1.5mlです。

容量に対して洗えるのが、一般的な洗剤使用時の半量くらいかもしれない点には注意が必要です。

ラップ

神戸物産のプロ好みのラップ(30cm×100m)の写真

まさに業務用といった印象の、神戸物産印の「プロ好みのラップ」もお得感高めなアイテムです。

幅にいくつか種類がありますが、一番よく販売されているのは30cm×100m仕様。

そして、幅30cmタイプの現在の販売価格は、2023年夏頃までの税抜き265円からさらに値上がり、税抜き288円になってしまいました。

2023年9月の業務スーパーのラップ売り場の写真

少し前までは税抜き235円が通常価格でセール対象になることもあり、その際にはさらにお得に買えました。

長さ”100m”を誇るので今でもお得感はあるものの、そろそろドラッグストアのセール品のほうが安いケースも出てきそうです。

実際、近くのドン・キホーテで同じサイズの情熱価格の”無添加からだ想いラップ”が税抜き248円で販売されていました。

2023年9月のドン・キホーテのラップ売り場の写真

レンジ・冷凍OKで、身体にも家計にも優しい無添加仕様が魅力です。

中国産で切りにくいという噂がありますが、最近はドン・キホーテの方が業務スーパーより安くラップを買える可能性が高いです。

節約志向で近くにドン・キホーテがある人は、チェックしてみるのも良いかもしれません。

 

なお、2023年3月については業務スーパーの神戸物産印の「プロ好みのラップ」の幅22cmタイプがセール対象になっていました。

2023年4月の業務スーパーのラップ売り場の写真

幅22cm長さ100mのラップを税抜き228円で買えたものの、2024年2月現在の販売価格は税抜き278円に。

2023年10月度の業務スーパーのラップ売り場の写真

2023年夏頃の通常価格は税抜き258円だったので、しっかり値上がりを遂げ、幅30cmとの価格差が小さくなっています。

2023年5月度の業務スーパーのラップ売り場の写真

また、さらに幅の狭い15cm×100mのものについても2023年夏頃まで税抜き215円だったのが、2023年10月以降税抜き248円に値上がっています。

本当にあらゆる商品の値上がり傾向が、未だに続いているようです。

カセットボンベ

お鍋に欠かせないカセットボンベも、しっかり値上がっています。

業務スーパーで販売されているのは、サンシリンダーサービスの「カセットガスサンa 250×3本入」です。

2022年初頭は税抜き238円だったのが、秋頃にはなんと税抜き368円に!

業務スーパーのカセットボンベ売り場の写真

さらに、2023年夏頃にそこから27円値上がり、現在の販売価格は税抜き395円になっています。

2023年9月の業務スーパーのカセットボンベ売り場の写真

3本入の値段なので1本当たりの価格は税抜き132円(税込み142円)と、他店に比べるとそれでもまだ安いには安いです。

ただ、2年かからずして66%というなかなかにインパクトのある値上がりを遂げています。

ちなみに業務スーパーで売られているカセットボンベは、”カセット・サン”シリーズ専用のものです。

JIS規格に準拠した作りになっているので実際にはほかのコンロでも使えるものの、安全は保証されていません。

カセット・サン以外で使った際に事故が発生したとしても、自己責任になる点にはご注意ください。

 

一方で、マツモトキヨシオリジナルの同量のカセットボンベが、税抜き278円で販売されいるのを2023年春頃に見かけました。

マツモトキヨシのカセットボンベ売り場の写真

仕様としては(株)グリーンウッドのこんろ(ぐりる)専用で、こちらは2023年4月の店頭販売価格です。

マツモトキヨシのカセットボンベの仕様がわかる写真jpg

と言って、同時期のマツモトキヨシのオンラインショップでは同じ商品が税抜き468円で販売されていました。

暖かくなってくる時期は、在庫を処分したい店舗がカセットボンベを破格で販売しているケースがあるようです。

まとめ

“エブリデイロープライス(毎日がお買得)”がコンセプトの業務スーパーにも、値上がりの波が押し寄せています。

多くのアイテムが1年前より数十円から数百円、ただ、元値が安い分だけ1から6割ほどの値上げを遂げています。

値上がり後もお得感は顕在ですが、業務スーパーのアイテムは価格が上下するものも多いです。

節約家の人は、価格動向を意識した購入をするとより得できるかもしれません。

また、2023年3&4月度の”1000店舗達成セール”終了から5か月ぶりに、2023年9&10月は”総力祭”が開催されていました。

ただ、今月を含めた2023年11月以降の業務スーパーは通常営業に戻っているので、やや落ち着いた雰囲気になっています。

 

【節約家必見】指定サイズの証明写真を20円で用意する方法
証明写真は、最安20円で用意することができます。どこのコンビニで印刷するかによって、かかる費用が変わってくる点には注意が必要です。
お小遣い稼ぎにぴったり!レシートがお金になるお得アプリ「ONE」
レシートで気軽にお小遣い稼ぎができるアプリ「ONE」の使い方や、利用にあたって知っておくべき注意点を紹介しています。

▽ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント