今日は、缶詰バーmr.kansoのオリジナルアイテム「だし巻き缶詰」を紹介します。

世界で初めて缶詰に詰められた、摩訶不思議なだし巻きです。
出汁のきいたその味は、京都の老舗仕込みの本格派です。保存食にぴったり!

目次
1.  mr.kansoとは?
2.  食べた商品
3.  商品詳細
4.  感想
5.  まとめ


 mr.kansoとは?

mr.kansoのロゴ
[出典]mr.kanso公式HP

2002年に大阪の南堀江に誕生した、缶詰バー「mr.kanso」。

「缶詰とお酒を楽しめるお店」をテーマに、現在は全国各地に30以上の店舗を展開しています。

店内には、日本国内のみならず世界の、さらにはオリジナルアイテムを含めた約350種類の缶詰が並びます。

壁一面に並んだ缶詰の圧巻の眺めは、食べる・見る・話題を演出。

さまざまなメディアにも取り上げられている話題のバーこそが、「mr.kanso」です。


 食べた商品

mr.kansoのだし巻き缶の写真
今回食べたのは、mr.kansoが独自開発した「だし巻き缶詰」です。

そしてこれ、約350種類の缶詰が並ぶmr.kansoの缶詰バーで、不動の人気NO1を誇る伝説のアイテムでもあります。

毎年10万缶出荷される大人気のだし巻き缶詰は、これまでに100件以上のメディアにも取り上げられています。

なお、この世界初のだし巻き缶詰は、京都の老舗「吉田喜」とコラボして開発されているのも特徴です。
mr.kansoと吉田喜のコラボがわかるスクリーンショット
[出典]mr.kanso公式HP

国産の卵を贅沢に使い焼き上げただし巻きを、ひとつひとつ缶詰に手詰めしています。

開ければすぐ本格的な京風だし巻きが食べられる、便利で美味しい缶詰が、mr.kansoのだし巻き缶詰です。

しかも、賞味期限は3年あるので保存食にもぴったりです。

▽ 話題の「だし巻き缶詰」は大手ECサイトでも気軽に買えます!


 商品詳細

 商品名 
 だし巻き缶詰
 公式サイト:https://www.cbshop.jp/shop/pb/dashimaki.php

 値段
 税込み550円

 原材料名
 鶏卵、だし汁、発酵調味料、でん粉、食塩、かつお節エキス、水飴、魚介エキス、酵母エキス、昆布エキス、大豆油、加工デンプン、pH調整剤、調味料(アミノ酸)、グリシン、酢酸ナトリウム、(一部に小麦・卵・さば・大豆を含む)

 栄養成分表示
(100g当たり)
 熱量85kcal・たんぱく質6.6g・脂質4.8g・炭水化物3.8g・食塩相当量1.0g

 内容量
 固形量135g/内容総量190g

 賞味期限
 製造より3年

 販売者
 クリーン・ブラザーズ株式会社


 感想

mr.kansoのだし巻き缶の作りがわかる写真
保存食用にストックしていたものが賞味期限を無事迎えたので、やっとこさの開封となりました。

イージーオーブンタイプの缶詰なので、簡単に開封できます。

開けた瞬間出汁の良い香りが広がる缶の中には、隙間なくだし巻きが詰まっていて少々取り出しにくかったです。
mr.kansoのだし巻き缶の蓋を開けた写真
片側の塊を1つ取り出す際、少し崩れてしまいました。
mr.kansoのだし巻き缶の残り半分の写真
一方で、えらい巨大だなとと思いつつ取り出した塊は、実は2切れ。
mr.kansoのだし巻き缶のだし巻き写真
mr.kansoのだし巻き缶のだし巻きを上から見た写真
1切れは、幅約7.5cm・高さ約4.5cm・厚み約2cm・重さ40g強と平均的な食べやすいサイズ感です。
mr.kansoのだし巻き缶のだし巻きを1切れの写真
缶詰ひとつあたりに、そのサイズ感のだし巻きが4切れ入っていました。

最初は開けたまま常温で食べてみたところ、少し独特な風味がします。

出汁のきいたシンプルな味付けではあるものの、風味や食感がだし巻きっぽいけどちょっと違う何かという印象です。

正直このまま食べると、美味しいとは言えないかも。

ということで、残りは公式HPにもおすすめされている通り、お皿に取り出し軽く温めていただきます。
缶詰の温め方がわかるスクリーンショット
[出典]mr.kanso公式HP

温めると出汁のきいた風味・プルプルの食感とも、びっくりするほど美味しさがアップしました!

だし巻きと言うと冷めても美味しいイメージでしたが、この缶詰に関しては断然温めたほうが良さそうです。

思った以上にボリュームもあり、満足感が高いところも良かったです。

ちなみに、公式HPではポン酢やからしを添える食べ方がおすすめされています。

上品な味付けという言葉と裏腹、味しっかりに感じたので今回はちょい足しはせずいただきましたが、次回はそちらも試してみたい!

3年保存がききなんだか楽しいアイテムなので、代替わりの保存食用のだし巻き缶詰を買い足したい!

そして、その子が期限を迎えたときには、(覚えていられたら)色々アレンジ楽しもうと思います。


ちなみに、mr.kansoはだし巻き以外にもユニークなオリジナル缶詰を開発しています。

だし巻きとともに楽しんだのが、こちらの「たこやき缶」です。
mr.kansoのたきゃき缶の写真
ただ、あくまで個人の感想ですが、なかなかに独特な仕上がりでこちらはちょっと苦手でした。

確かにたこ焼きソースっぽい味のあんかけは悪くないものの、グニョンとしたたこ焼き本体がちょっとこれは感否めず。
mr.kansoのたきゃき缶の蓋を開けた写真
一方で、食卓がわいわい楽しく盛り上がったので、満足度は妙に高かったです。

また、個性的な味ゆえ、我が家にははまらなかったものの、好きな人はとことん好きな味な気もします。

mr.kansoの缶詰はどれも、デザインもかわいらしさも魅力です。
mr.kansoの缶詰の写真
保存食として自宅にストックするだけでなく、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。


 まとめ

個人的評価:★★★☆☆ 

缶詰とお酒を楽しめる缶詰バー「mr.kanso」は、日本国内のみならず世界、さらにはオリジナルの缶詰を多数扱っています。

そして、mr.kansoで楽しめる約350種類の全缶詰のうち、不動の人気ナンバー1を誇るのが「だし巻き缶詰」です。

缶詰のプロmr.kansoが京都の老舗吉田喜とコラボすることで誕生した缶詰には、本格的な京風だし巻きが詰まっています。

出汁の風味がしっかりきいたプルプルのだし巻きは、温めるとさらにその美味しさがアップします。

常温で3年日持ちもするので、保存食として、あるいは後一品欲しいときにあると嬉しい楽しい缶詰です。


▽ こちらも保存食にぴったり!

▽ 楽しくて美味しい「だし巻き缶詰」はこちらからも気軽に買えます!

▽ クリックしてもらえたら嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村